等差数列の共通項

2つの等差数列(公差は共に正)があるとき、共通項を小さい順に並べた数列も等差数列となる。
共通項が作る公差dは、d=(2つの数列の公差の最小公倍数)となる。